病院ブログ

2020.01.28更新

うさぎさんは、ワンちゃんネコちゃんと違い、オシッコの中にカルシウムが多く排泄されます。

そのため正常なオシッコでも結晶が見られることが多いため、尿検査を定期的に行っていても診断的な意義はあまり高くはありません。

 

うさぎさんで重要なのは、頻尿、尿漏れ、血尿などの症状やレントゲンやエコー検査などの画像検査になります。

 

先日、血尿を主訴に来院したウサギさんのレントゲン写真です

結石

膀胱内に1cm程度の石があるのが確認できました。

 

うさぎさんの結石は食事療法では溶解しないため、手術が必要になります。

この子も手術を行うことになりましたが、さらなる結石症の予防の為に低カルシウム系のペレットに変更するなど食事療法も行うことになりました。

 

 

手術当日のレントゲンです

結石

膀胱内にあった結石が消失しています。

 

この子は女の子であったため尿道が太く、運が良く自然に排出されていました。

 

通常1cmほどの大きさになると自然排出は難しいのですが、中には自然に排出されることも有ります。

ただし、大きさによっては尿道を詰まらせてしまったりすることもあるため、経過観察には注意が必要です。

 

結石を予防するためには低カルシウム系のペレットや牧草(チモシーなどのイネ科)に切り替え、適正体重を守ることが重要です。

うさぎさんは途中から食事の種類を変更することが難しいと言われていますので、食事の変更の際には根気よく徐々に行うことをオススメします。

 

院長 奈須俊介

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

ペットのことでお悩みがございましたら、葉山一色ペットクリニックまで。

お気軽にお問い合わせ下さい 046-854-7433

top_img19.png