病院ブログ

2019.04.16更新

 


本日の歯みがき教室glitter

 

 


ビーグル の ベリーちゃん


MIX の サスケちゃん

 

 

ビーグル

 


仲良しお散歩友達のふたりnote 

とても上手に歯磨き 出来ました~ni



 

歯磨き

 

 

歯磨き

 

 

ついつい力を入れてやりがちな歯磨きですが…… 優しく 歯と歯肉の間をマッサージするイメージで磨くのがオススメですglitter

 

ワンちゃんは 3日で歯垢が歯石になるので 間隔を空けすぎずに歯磨きしましょうtooth(理想は毎日glitter)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


歯みがき成功のコツは


・ステップを踏んで 無理矢理はダメ~汗


・ご褒美はしっかりpad たくさん褒めてあげましょうflower

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2019.04.13更新

 

 

本日のパピー教室 ni

 

 

ジャックラッセルテリア の レックスちゃん

 

パピー

 


初めてのパピー教室でしたが 元気いっぱいbibibiでした。

 

・診察室トレーニング


・だっこのしかた、リードの扱い方

 

・ハンドコングで 身体を触る練習

 

・落ち着かせる練習

 

パピー 

 

 

・アイコンタクトの練習

 

パピー

 


・ご飯についてのお話     をしました。

 

 


食欲旺盛で ハンドコングもとっても上手に出来ましたnote

 

 

パピー 

 


人が大好きなレックスちゃん heart  スタッフみんなにご挨拶してくれました~nico 

お腹を出すポーズ(落ち着かせる練習)も とっても上手ですglitter

 

 

お家でも毎日 楽しくトレーニングをしましょうねnote

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2019.04.13更新

暖かくなってきて、ノミ・ダニやフィラリアなどが気になる季節になってきました。

ノミ・ダニの詳しい話はまた今度にしますが、葉山周辺では真冬でもダニに噛まれて来るワンちゃんが多かったので通年予防をオススメしています。

 

 

さて、フィラリア症という病気はご存知でしょうか?

名前だけ知っていて、何となくお薬を使って予防している方も多いのではないでしょうか?

 

フィラリアは、線虫という寄生虫の1つで心臓や血管に寄生し心不全などを引き起こす原因となります。

 

フィラリアの一生は以下のようになります。

fil

 

図にも書いてある通り、フィラリアは蚊から感染します。

 

ここで一つ誤解が生まれるのですが、「蚊がいる=感染する」ではありません。

 

もう一つ必要になるのが気温なのです。

蚊の体内でミクロフィラリア(mf)が成長し、感染力を持つL3に成長するためには一定の気温が続く必要があります。

平均気温などから感染期間を推測する方法があるのですが、詳しい話は省略します。

興味がある方はHDUと検索していただければ色々と出てくると思います。

 

暖かい日が続き、蚊からフィラリアに感染すると、ワンちゃん(猫ちゃんもうつります)の体内でフィラリアがどんどん成長していきます。

目安としては、感染から90日ほどで成虫となり血管(肺動脈)や心臓に到達し、症状を表します。

そうなってしまう前にお薬を使って予防する必要があるのです。

 

タイトルにも記載しましたが、フィラリアのお薬は一度投薬すると1か月間フィラリアを予防できると思っている方が多いと思います。

実際に動物病院でも「予防薬ですよ」と言ってお出しすることもある為、ほとんどの方はそう思っているのではないでしょうか?

 

結論から言うと、フィラリアのお薬は予防薬ではなく、駆虫薬です。

厳密には、「mf」「L3」「L4」に効果のある駆虫薬です。

投薬したときに体内にいるフィラリアを駆虫することによってフィラリア症の予防を行います。

極端な話、投薬した翌日にフィラリアに感染した場合は効果をしめしてくれないのです。

なので、「フィラリアのお薬=駆虫薬」が正解になります。

 

では、いつからいつまでお薬を使う必要があるのでしょうか?

フィラリアのお薬は上にも書いた通り「mf」「L3」「L4」に効果のあるお薬です。

「L5」や「成虫」には効果が低く、100%駆虫することはできません。

なので、「L5」に成長する前にお薬を使ってあげる必要がでてきます。

 

体内に感染した「L3」が「L5」に成長するのは、感染から最短でも50日かかります。

なので、50日以上投薬の間隔があいてしまうと感染を防ぐことが出来なくなってしまう可能性があります。

 

投薬忘れなどによる感染を防ぐ目的で、フィラリアのお薬は1か月ごとに投薬するのが一般的です。(万が一、数日過ぎてしまっても猶予があるように)

かつ、「L3」「L4」の段階で駆虫する必要がある為、投薬期間としては「フィラリア感染開始1か月後~感染終了1か月後」までとなります。

 

神奈川県は(エリアによっても多少違いますが)、毎年5月初旬に感染が始まり11月初旬まで感染が続くため、「6月初旬~12月初旬の計7か月」予防する必要があります。

 

 

お薬を開始する際は、フィラリアに感染していないことを確かめてから投薬を行います。

万が一フィラリアに感染している子にお薬を使うと、ショック症状を起こし、最悪の場合死に至ることもあります。

安全にお薬を使うために、必ず検査を行ってから投薬するようにしましょう。

 

葉山一色ペットクリニック

院長 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2019.04.09更新

 

 

本日のパピー教室note

 

 

MIX の カールちゃん

 

パピー教室

 

しゃもじの事が大好きなカールちゃんni

転げまわって楽しそうに遊んでいましたnote しゃもじに お腹をコローーんと見せてくれていましたよ~nyan

 

 

・診察室トレーニング


・社会化トレーニングの練習

 

パピー教室 

 

・甘噛み対策 カムアットレーニング

 

 

パピー教室

 


・避妊去勢手術のお話 をしました。

 

 

 

 

 


食欲旺盛なカールちゃんnote  社会化トレーニングの練習も とても上手でしたnyan

 

 

パピー教室  

 


甘噛み対策では ついつい可愛くて甘やかしてしまう……というお母さんも 期間を決めて頑張ってくれます汗 

 

甘噛み自体は ごく自然な子犬の本能行動ですが、パピー期に人を噛んではいけないことを教えてあげるのは 飼い主さんの大切な使命ですglitter

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2019.04.01更新

昨年もご好評いただいた、健康診断キャンペーンを本年も実施いたします

 

キャンペーン

 

内容は、

 

 血球検査(貧血や白血球の測定など)

 生化学検査19項目(肝臓・腎臓など内臓機能の測定)

 フィラリア抗原検査

 

となっております。

同時にホルモン検査(甲状腺など)を行う場合はキャンペーン料金にて実施することも可能です。

 

また、フィラリア予防薬(駆虫薬)をシーズン分まとめてお持ち帰りいただくと、割引させていただきます。

 

予防薬はチュアブル(オヤツ)タイプ、錠剤、注射、スポット剤(猫ちゃんのみ)をご用意しております。

その子その子に合ったお薬をお出しさせていただきますので、ご相談ください。

 

葉山一色ペットクリニック

院長

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

ペットのことでお悩みがございましたら、葉山一色ペットクリニックまで。

お気軽にお問い合わせ下さい 046-854-7433

top_img19.png