病院ブログ

2019.02.25更新

 

今日のお昼は BilJac の 院内セミナー を受けましたpencil2

 

セミナー 

 

 

嗜好性が高く 消化吸収の良いご飯です。

 

セミナー

 

こんなワンちゃんにオススメですnote

 

 

・涙やけに悩んでいる

 

・食べむら、食い付きが悪い

 

・食ふんで悩んでいる

 

・皮膚のトラブルで悩んでいる

 

 

 

サンプルもご用意していますので 気になる方はお問い合わせ下さいpad 

投薬トリーツもあります。院内で是非試食してみてくださいni

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2019.02.20更新

 

日本獣医生命科学大学へ シニアケア講座を受講しに行って来ましたnote (1日目)

 

セミナー

 

 

今回のテーマは 高齢動物の栄養学・栄養管理

 

 

セミナー

 

ワンちゃん猫ちゃんの 栄養必要量は 生涯を通して変化するので、ライフステージに応じた食事をあげる事が大切ですglitter

 

 

そもそも 高齢期とは……

平均寿命の半分の年齢に達した段階 と言われており

 

ワンちゃんの平均寿命 約14歳 (大型犬は-2歳)

猫ちゃんの平均寿命 約15歳

(2016.Helix)

 

約7~9歳頃から ライフステージの高齢期に区分されます。

 

 

さらに 高齢期にさしかかると

・肥満

・認知機能障害症候群

・関節炎

・尿路結石症

・がん

・慢性腎臓病

・慢性腎臓病

といった 病気が多く見られます。

 

その子のその時の体の状態に適したご飯を食べることが その後の快適なシニア生活に繋がるので 

定期的な健康診断 をして、その時の体に応じたご飯をあげましょうnote

 

 

セミナーでは、チューブフィーディング用の流動食を手作りする実習も行いました。

 

 

セミナー

 

鼻カテーテル・食道チューブ・胃チューブ のどれかを 動物の場合は設置してチューブフィーディングを行いますが 

 

人とは違い もっと敷居の低いもので 動物にとっても飼い主さんにとっても便利なものです。

食欲がなくなると 体力も一気に落ちてしまうので QOL(クオリティ オブ ライフ)を維持するためにも 積極的におすすめしています。

 

お気軽にご相談下さいnote

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2019.02.15更新

 

葉山は まさかの雪snowmanで ビックリでしたね~汗nnn

 

そんな本日 私は楽しみにしていたセミナーに行って来ました!

 

 

セミナー

 

猫の行動学について at 東京大学

 

 

実際に相談のあった症例の動画を見ながら みんなでディスカッションしたりと とても勉強になるセミナーでしたpencil2

 

問題行動に対する実際のカウンセリングは かなり時間がかかりますがとても大切です。

 

当院での問題行動診療は 必要に応じて 専用の問診票をお渡ししています。 (予めその行動を撮影して頂けるとより分かりやすいです)

 

攻撃行動など問題行動の経過が長ければ長いほど治療が難しくなるので 早めに相談して頂ければと思います。 

 

 

セミナー

 

折角 東京大学に行ったので ハチ公像をパチリcamera

 

 

残念ながら赤門がどこにあるのか分からなかったので(極度の方向音痴)……ehe

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2018.12.16更新

 

 JAHA主催の シニアケア講座 を受けてきましたpencil2

 

 

シニアケア 

 

ワンちゃんネコちゃんは

7歳位からシニア期

12歳位から 老化が本格的になる 高齢期 になるといわれています

 

 

高齢性認知機能不全症候群 (人でいう 認知症 の様なもの)は 

高齢期に差し掛かる子の多くにみられ始めます。

( 加齢による行動の変化とは 異なる症状です )

 

 

発見が早期であればあるほど 進行をゆっくりと、

+ 環境の改善 によって

飼い主さんとの楽しい老後を過ごすことが可能ですnote

気になる症状があれば お気軽にご相談下さいglitter

 

 

セミナー

 

 

ワンちゃんネコちゃんに多い病気について 


bookワンちゃんの 死亡原因のトップ3


・腫瘍
・循環器疾患
・腎、泌尿器疾患

 

これらの病気を早期発見 & 治療することで

高齢期 も楽しく豊かな生活をおくることができますni

 


・食欲が落ちてきた、痩せてきた
・水をよく飲む、オシッコの量が多い
・疲れやすい、散歩を嫌がる
・慢性的な嘔吐、下痢、便秘

 

年齢のせいにせずに

おかしいな?と思う症状があれば ご相談下さいnico

 

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2018.09.02更新

 

今日は朝から エキゾチック(犬猫以外の動物のこと)セミナーに参加してきましたnote in 秋葉原

 

エキゾチック診療では有名な先生方によるセミナーで 長時間でしたがあっという間に感じる とても濃い内容でしたpencil1

(今回は ハムスター、フェレット、ウサギ、ハリネズミに関して )

 

セミナー

 

今後も エキゾチック動物の最新情報を学んで、動物と飼い主さんに最善となる診療を目指しています。

 

人がギュウギュウ沢山の 日曜日の秋葉原、東京駅を通過して 葉山に着いたときには ホッとしました~ni

 

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2018.08.09更新

なかなか予定が合わずしばらくセミナーに行けていなかったのですが、先日久しぶりに参加してきました。

セミナー1

内容は「眼瞼腫瘤」についてでした。

Cryo Probeという凍結により腫瘤(イボなど)を無麻酔で治療する機械の使用方法などを学んできました。

cryo

 

率直な感想は、使える症例が限られるのかなーという印象でした。

とてもいい機械ですし、麻酔が必要ないのはとても魅力的ですが、その分制限もいくつかあるのが悩みどころです。

 

使用できる症例が多くなってきたら導入しようかな、と思います。

 

でもとても良い勉強と刺激になりました。

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2018.07.11更新

 

先日、お昼に 心電図のメーカーの方を講師に迎え

スタッフ皆で 院内セミナーを受講しましたpencil1

 

講義のあとは

最新の心電図計のデモンストレーションを

しゃもじで 体験しました。

 

しゃもじ

押さえなくても この通りglitter

異常なしで安心しましたihi

 

不整脈など 聴診器だけでは分からない事もあるので

予防医学の観点からも 心電図の大切さを再確認しました。

 

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

ペットのことでお悩みがございましたら、葉山一色ペットクリニックまで。

お気軽にお問い合わせ下さい 046-854-7433

top_img19.png