病院ブログ

2022.08.19更新

 

薬用シャンプー

 

 

薬用シャンプー 

 

動物用のシャンプーは大きく分けて
美容目的の美容シャンプーと
皮膚トラブルを抱えている子に対し

治療を目的にしている薬用シャンプーがあります

 

薬用シャンプーは薬用成分が入っており

皮膚症状に応じて使用します

(近年の獣医学領域においても多剤耐性菌の問題があり計画性のない抗生物質の内服は避けることが推奨され薬用シャンプーの使用が見直されています)

 

薬用シャンプーの種類

 

薬用シャンプー 

 

抗菌シャンプー


細菌の増殖抑制が目的
抗菌性成分は

クロルヘキシジン,乳酸エチル,過酸化ベンゾイル,ポピドンヨード

 

 

薬用シャンプー 

 

抗脂漏・角質溶解シャンプー
余分な皮脂を除去し角質を軟化はせ角質調整を行う目的
角質溶解成分は

二硫化セレン,イオウ,サリチル酸,過酸化ベンゾイル

 

薬用シャンプー 

 

保湿シャンプー
皮膚の水和とその維持が目的
保湿成分は

セラミド関連物質,乳酸ナトリウム,尿素,グリセリンなど

 

薬用シャンプー 

 

止痒シャンプー
かゆみを引き起こす炎症反応を緩和させることが目的
止痒成分は

コロイド状オートミール,アロエベラ,グルココルチコイド

 

 

薬用シャンプー 

 


使用時の注意点
・シャンプーの効果を発揮できるように

皮膚の汚れや皮脂が多い場合は

下洗いやクレンジングを使用を検討します


・皮膚状態が改善したら、

その皮膚の状態に応じたシャンプーに変更しましょう!

 

薬用シャンプー 

 

基本的に薬用シャンプーの処方は

獣医師が行い獣医師の指示の下実施します


適切でない薬用シャンプーの使用は

接触性皮膚炎や毛包炎を起こす可能性があるため
十分に注意が必要です

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

ペットのことでお悩みがございましたら、葉山一色ペットクリニックまで。

お気軽にお問い合わせ下さい 046-854-7433

top_img19.png