病院ブログ

2024.06.10更新

【王子ちゃんの鍼灸タイム】

 

 

王子

 


湿対策していますか?


本格的な梅雨、暑さになる前に
身体のケアは出来ていますか?

春から気温の上昇とともに
肝の気も上がって上半身の症状が出ている子が
増えています

例えば……

・結膜炎(眼の充血)
・涙やけ
・耳の匂いが気になる(外耳炎)
・すぐにハァハァ興奮する(キレやすい)
・口の匂いが酷くなる

肝の気が溜まりすぎると熱を持ち、
酷くなると風をもちます
(癲癇や痙攣、前庭疾患など)

そこにきて湿が身体に入ってくると
更に巡りが悪くなり身体へ様々な不調をきたします


肝の気の部分に関しては
うちの子に当てはまるー!と
多いと思われる方も多いかと思います

しっかり気を巡らせてケアをする事で
梅雨〜夏の季節も大きく体調を崩さず乗り切れますよ

 

王子

 

 

 

王子ちゃんは後肢の弱りから
定期的に鍼灸治療に来てくれていますが
鍼灸の全身治療とお母さんの薬膳、マコモで
後肢の弱りだけでなく
目や耳の不調やお腹の調子も絶好調

 

王子

 

 

王子

 

 

西洋医学は悪い所だけを治す治療ですが
東洋医学は身体のバランスを整えるので
結果、よりQOLが上がります
どちらもいいとこ取りで取り入れていきたいですね

 


気になる症状があればお気軽にご相談下さい

 

 

 


pad鍼灸治療は完全予約制で
平日のお昼(12時〜15時)に行っています
漢方、薬膳(ご飯)のご相談も受けています
日程はご相談下さい

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2024.06.02更新


【梅雨〜夏の薬膳②】

 

はとむぎ

 

 

《おすすめの食材は一例です
身体に合うものをローテーションしながら

トッピングや手作りご飯を楽しんで下さいね》

 

はとむぎ

 

はとむぎ(薏苡仁 ヨクイニン)

効果効能
清熱排膿:湿疹などの皮膚炎
利尿消腫:むくみ、イボやしこり、尿石症
健脾:胃腸機能のサポート(消化促進)

 

はとむぎ

 

はとむぎはからだの水分排出+胃腸機能のサポートもしてくれる
薬膳食材のボス的存在(私調べ)
漢方薬ではヨクイニン(薏苡仁・利水滲出薬)としても有名です

 

はとむぎ

 

昔から民間療法として身近でしたが
近年、はとむぎ特有の成分 

コイクセノライドの抗炎症作用・抗腫瘍活性

角質細胞の代謝促進・抗アレルギー作用に対して

科学的な研究が進んでいます

 

はとむぎ

 


【ワンコにはとむぎを与える際の注意点】


利尿作用はそもそも水分摂取量が不足している子には

あまり効果が出ません


ドライフードを食べている子は
水分不足気味な子が多いので
必要な水分をしっかり摂取して巡らせ流していくのが大切です

 

はとむぎ

 

お家で生はとむぎから
はとむぎ(薏苡仁)を作ってみましょう!
(煮汁も大事なので捨てずに一緒にあげましょう)

 

はとむぎ

 

ポン菓子のようなはとむぎもよく見かけますが

利尿効果はイマイチ……です

(薬膳的には炒ったはとむぎは留める効果があり

下痢の時に良いとされています)

 

生薬の薏苡仁は煎じ薬の様に煮出した(煮込んだ)物で

しっかり効果効能が出ます

 

はとむぎ

 

はとむぎ

 

ムーのご飯にも
はと麦よく入れてまーすpad

 

 

オススメの食材でご飯を作ったら
是非教えてくださいね!

 

 

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

entryの検索

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

ペットのことでお悩みがございましたら、葉山一色ペットクリニックまで。

お気軽にお問い合わせ下さい 046-854-7433

top_img19.png