病院ブログ

2020.05.05更新

先日、遠方よりいらしていただいたハリネズミさん。

まだ2歳にならない子ですが、子宮が腫れており、その他にも尻尾に腫瘤ができていました。

 

そのままお預かりさせていただき、翌日すぐに卵巣・子宮摘出を行わせていただき、尻尾の腫瘤も同時に摘出。

ハリネズミ手術

ハリネズミ手術

術後も食欲もバッチリでした。

 

病理検査の結果は、どちらも悪性腫瘍、、、。

ハリネズミさんは若齢でも腫瘍が多いです。

女の子で血尿が出ていたら、若い子でも要注意です。

 

 

こちらは別のハリネズミさん。

ハリネズミ黄疸

アルビノの子なので全体的に白い子なのですが、よくよく見ると鼻や口の中も白いです。

加えて耳の皮膚がなんとなく黄色みがかってます。

貧血と肝臓の病気(黄疸)を疑って血液検査を実施しました。

この子は大人しい子なので麻酔をかけることなく採血出来ました。

ハリネズミさんは検査するにも麻酔が必要になる事が多く、検査するのにもリスクを伴います。

 

結果は、貧血と肝不全が起こっていました。

点滴とお薬による治療で経過観察していきます。

 

 

ハリネズミさんをみさせていただく機会が多くなってきましたが、まだまだ力不足を感じます。

エキゾチックペットは症状をなかなか表に出さないため、おうちでの観察が重要です。

少しでも様子に異変を感じたら動物病院を受診することをオススメします。

「そんなことで病院に来ないでよ、、。」なんて思わないのでご安心を。

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

ペットのことでお悩みがございましたら、葉山一色ペットクリニックまで。

お気軽にお問い合わせ下さい 046-854-7433

top_img19.png