病院ブログ

2024.05.17更新

『小建中湯(しょうけんちゅうとう)』

 

小建中湯

 

 

小

 

体質虚弱(仔犬)・疲れやすい
神経質・慢性の胃腸炎
などの症状を改善する漢方薬

 

【組成生薬】

芍薬・経皮
大棗・甘草・生姜

 

小 

 

甘くて飲みやすい味です
ご飯にふりかけたりちゅ~るに混ぜたりして
服用している子が多いです

【こんな症例に使用します】
・胃腸炎
(繰り返す・子犬・精神的なもの)
・体質虚弱
・食が細い
・病後、術後  など

 

小


人においては(虚弱体質など)
子供の体質改善に使われる事が多い漢方薬です
うちの子ども達も
季節の変わり目や疲れがたまっていそう時は
ヨーグルトにかけて食べています

長期的または頻繁に下痢止めを飲んでいる子は
(体質に)合う漢方があれば
お薬を減らす事も出来ますよ

勿論、日頃から食べているものはとっても大切です!

 

小

 


漢方薬はその子の体質に合うものを服用することが大切です
他の漢方薬やサプリと併用する場合は
(中)獣医師にご相談下さい

 

★漢方相談も承っています
(副院長の奈須のみ)
漢方薬に在庫がない場合は取り寄せになるのでお時間を頂くこともあります
ご了承下さい

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2024.05.12更新

 

本日のパピー教室

 

M.アメリカンシェパードのバロちゃん

 

パピー教室

 

Mix(トイプー×ピンシャー)のベジーちゃん

 

パピー教室

 

「一人でトイレに行けるよー!」

 

カニンヘンダックスのルアンちゃん

 

パピー教室

 

ボーダーコリーのモコちゃん

 

パピー教室

 

病院ワンコのムー

 

パピー教室

 

 

 

・おいで!の練習(呼び戻し)

 

パピー教室

 

パピー教室

 

みんなとっても上手でーす!

お外でもロングリードで練習してねpad

 

 

・甘噛み対策について

 (知育玩具を使ってご飯を食べよう)

・ノミダニフィラリア予防の話

 

みんなで知育玩具を使ってフードを食べました!

 

パピー教室

 

【ノーズワーク】は

犬の嗅覚を使ってフードやおもちゃを探す遊びの1つ

 

パピー教室

 

パピー教室 

 

普段の生活では

嗅覚をしっかり使えていない子が多いのでノーズワークをすることで通常のお散歩や運動とは違った刺激を得られます

 

自然の探索本能を満たすだけでなく、

ストレス発散、運動量の確保、集中力アップなど 良いこといっぱい!

 

パピー教室

 

パピー教室

 

パピーちゃんからシニアの子までみんなで楽しめます

 

早食い対策、お留守番時の退屈対策など

使える場面も沢山!

 

おもちゃのレパートリーに入れてみてくださいねnote

 

パピー教室 

 

パピー教室 

 

パピー教室 

 

しっかり走り回って疲れたあとは仲良く水分補給!

 

パピー教室は完全予約制で毎週土曜日に開催しています

 

次回6月〜開催予定の教室に参加希望の

パピーちゃんを募集中ですpad

詳細はお問い合わせ下さい

みんなで楽しく社会化しましょう!

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2024.05.10更新

【ミルちゃんの鍼灸タイム】

 

鍼灸治療

 


百会灸で脳健髄glitter
鍼灸とマッサージでリラックス
終わった後にはみんな大好きマコモクッキー!

 

鍼灸治療

 

「クッキー美味しいね!」

 


てんかん(癲癇)は、

脳の異常な興奮が身体のけいれんや意識障害などの症状を

引き起こしてしまう疾患で
若い子からシニアの子までみられる疾患です

西洋医学では発作を抑える内服薬による治療がメインであり、

まだ解明されていない点も多くあります

 

東洋医学では心肝の気と脾に関連していると考えます


季節的には肝気が高ぶる春先に多くみられる傾向があり、
気圧変化との関連性も重要で
これからの気圧差の激しい時期は要注意です


鍼灸治療や体質に合った食事管理・漢方薬で
薬の量を抑えたり、発作の頻度を減らす事も出来ます

 

鍼灸治療

 

「補腎!は大事!!」


病気があっても快適なシニアライフを送れるように

東洋医学も治療に取り入れてみませんか?

 

気になる症状があればお気軽にご相談下さい

 

 

 


pad鍼灸治療は完全予約制で
平日のお昼(12時〜15時)に行っています
日程はご相談下さい

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

2024.05.07更新

梅雨の薬膳


【梅雨〜夏の薬膳①】


暦の上では5/5立夏(りっか)から夏になります
(立秋まで)

 

梅雨の薬膳

 

梅雨から夏は湿度も温度も急上昇!
湿(ジメジメ)は体にとって【湿邪しつじゃ】となり
悪影響を及ぼします
(外邪のひとつ)

梅雨の長雨、更に海の近くは湿度高めですtears
(すでに病院は除湿機稼働中)

 

梅雨の薬膳

 

【湿邪の特徴】

・陽気を傷つけ、気の流れを阻害することで
 →冷えやめまい、食欲不振を引き起こす


・重濁性がある
 →体の重だるい感じ、浮腫、皮膚炎の悪化などを

 引き起こす


・粘滞性がある 
 →下痢や皮膚炎などの慢性化・長期化がみられる

 

梅雨の薬膳

 

【梅雨〜夏の食養生】
補益健脾作用のあるもの
(米、とうもろこし、長芋、じゃがいも、かぼちゃ)

 

梅雨の薬膳

 

利湿去湿作用のあるもの
(はと麦、冬瓜、とうもろこしのヒゲ、小豆、セロリ、きゅうり、緑豆、豆腐)

 

梅雨の薬膳

 

 

《おすすめの食材は一例です
身体に合うものをローテーションしながら
トッピングご飯を楽しんで下さいね》

 

次は具体的におすすめの食材をあげていきますよーpad

 


オススメの食材でご飯を作ったら
是非教えてくださいねnote

 

 

 

投稿者: 葉山一色ペットクリニック

entryの検索

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

ペットのことでお悩みがございましたら、葉山一色ペットクリニックまで。

お気軽にお問い合わせ下さい 046-854-7433

top_img19.png